信用組合 信用金庫 融資活用ガイド

信用組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

シンキ・オーナーズセレクトカードで融資を受ける

      2019/05/01

融資内容

「開業を考えている」という方の中には、「これから、融資の申し込みをしよう」と考えている方もいると思います。開業するとなれば、それなりの費用がかかることになりますから、融資などを考えている方が多いと思います。

では、シンキ・オーナーズセレクトカードでの融資内容について、ご紹介しましょう。シンキ・オーナーズセレクトカードは、申請銀行グループとなっていますから、初めての方でも安心して利用することの出来る融資といえるでしょう。シンキ・オーナーズセレクトカードでの融資可能額は、1万円から300万円までと、幅広い融資額となっています。対象者は、個人事業主、法人経営者の方で、安定した収入がある方となっています。気になる利息は、13.0パーセントから18.0パーセント。銀行グループということもあり、低金利となっています。返済が遅れた場合には、遅延損害金の支払いが必要となり、年率20.0パーセントとなっています。返済方式は、借入金額スライドリボルビング方式を取り入れています。融資を行う場合には、実際の借入額の際には、月々の返済はどのくらいになるのか、計算しておいた方が安心でしょう。また、利用の際の担保や保証人は必要ありません。返済期間は、借入日から最長6年9カ月まで選ぶことが出来ます。回数にすると、80回までの返済方法を選ぶことが出来ますから、無理のない返済が行えそうですよね。

シンキ・オーナーズセレクトカードでの融資に興味がある方は、まずは一度ホームページから確認してみてくださいね。

利用の流れ

シンキ・オーナーズセレクトカードで、「開業のために、融資を受けよう」と考えている方もいると思います。はじめて、開業した方にとっては、融資を受けるというのは勇気のいるものですよね。申込みなどにも、戸惑ってしまう方も多いでしょう。

では、シンキ・オーナーズセレクトカードの申込みから契約まで、どういった流れで行われるのか、ご紹介しましょう。まず、シンキ・オーナーズセレクトカードでは、2つの方法があります。そのため、利用しやすい方法を選んで手続きを行うことが出来ますよ。シンキ・オーナーズセレクトカードの申込みは、まずはホームページから申込みフォームに必要事項を入力し、送信する必要があります。インターネットからの申し込みとなりますので、忙しい方でも気軽に申込みを行うことが出来ますよね。申込み後、メールにて審査結果が届くことになります。審査に通った場合には、ここから契約を行っていくことになります。契約の際には、2つの方法から選ぶことになります。ひとつは、郵送での方法。契約書など、自宅に郵送されることになり、必要事項を記入し、必要書類とともに返送することになります。その後、カードが届けられキャッシング利用を行うことが可能となります。もうひとつは、レイクの契約コーナーでカードを発行する方法。その場でカードが発行されますので、急いでいる方には、便利な方法となります。

このように、シンキ・オーナーズセレクトカードでの申込み、契約方法は2種類ありますので、利用しやすい方法を選ぶことが出来ますよ。

様々な利用方法

シンキ・オーナーズセレクトカードの申込みを、検討している方もいると思います。自分で開業するとなると、開業後にも様々な費用が発生することになりますから、融資を受けることが出来るというのは、とても安心ですよね。実は、シンキ・オーナーズセレクトカードの利用は、それぞれの都合による、様々な利用方法を選ぶことが出来るんですよ。様々な利用方法が選べるというのは、利用者にとってはとても嬉しいですよね。

では、どういった使用方法があるのか、ご紹介しましょう。シンキ・オーナーズセレクトカードでの融資は、カードを使って融資を受けることが出来ますので、それぞれのタイミングで利用することが出来ます。まずは、新生銀行のATM、レイクのATMの利用を行い、借入や返済を行うことが出来ます。返済もATMを利用することが出来れば、とても便利ですよね。更に、インターネットやコンビニエンスストア、ショッピングセンターなどに設置されているATM,提携先の金融機関のATM、お振込みやお引き落しなども利用することが可能となります。これだけ、様々な使用方法が利用出来れば、多くの方が利用しやすい融資といえますよね。更に、楽天銀行での口座をお持ちの方であれば、パソコンや携帯からも24時間融資や返済を行うことが出来ます。利用の際の手数料などは、無料となっていますので、とても魅了的ですよ。

このように、シンキ・オーナーズセレクトカードは様々な利用方法が選べますので、とても便利に活用することが出来ます。ただし、計画的に利用することは忘れない様にしましょう。

 - 自営業融資!自営業の資金繰り