信用組合 信用金庫 融資活用ガイド

信用組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

ビジネスクストで融資を受ける

      2019/05/01

融資内容

これから、会社を興そうと考えている方の中には、「融資を受けよう」と考えている方もいると思います。融資を受ける際には、「どこを利用したら、良いだろう?」と迷っている方もいると思います。

では、ビジネクストを利用した際の融資内容について、ご紹介しましょう。ビジネクストでの融資対象者は、法人、個人事業主。申込時の年齢は、満20歳以上の方で、満69歳までの方が対象となります。融資可能額は、50万円から1,000万円までと幅広い融資が可能となっています。気になる利息は、100万円未満の融資利用場合、13.0パーセントから18.0パーセントの利息となっています。利用収支額が100万円以上の場合には、8.0パーセントから15.0パーセントとなっています。利用の際には、実際に利用する額では、どのくらいの利息となるのか、あらかじめ計算しておいた方が良いでしょう。また、返済が遅れてしまった場合には、延滞損害金として20.0パーセントの支払いが必要となります。利用の際には、担保や保証人を心配している方もいると思いますが、原則担保や保証人の必要ありません。法人の場合には、保証人が必要となりますので注意が必要。申込時には、法人の場合には代表者の方の本人確認が出来る書類、登記事項証明書、決算書が原則2期分必要となります。個人事業主の場合には、本人確認出来る書類と確定申告書が原則2年分必要となります。

ビジネクストでの融資内容は、こういった内容となっています。興味がある方は、一度ホームページを確認してみてくださいね。

利用の流れ

「お店を開きたい」と考えている方の中には、これからビジネクストで融資を受けたいと考えている方もいると思います。ビジネクストでの融資であれば、安心して利用することが出来ますから、希望している方も多いでしょう。

では、ビジネクストの融資を受ける際には、どの様な流れで利用することが出来るのか、ご紹介しましょう。ビジネクストで融資を受ける際には、お店への来店は必要がありません。ホームページの申込みフォームから、手続きを行うことが出来ますので、忙しい方でも簡単に申込みを行うことが出来ますよ。申込みフォームに、必要事項を入力し、まずは送信を行います。その申込み書をチェック下上で、ビジネクストで借り審査を行い、借り審査結果の連絡が送られてきます。仮審査に通った場合には、その後郵送かFAXで必要書類の提出を行います。そして、その提出書類により、本審査を行い、実際に融資可能かどうかを審査することになります。本審査により、融資不可となる場合もありますので、あらかじめ頭に入れて置きましょう。本審査に通れば、実際に融資が行われることになります。申込みが混んでいる場合には、融資までに時間がかかる場合もありますので、「急いでいる」という方もいると思いますが、出来るだけ余裕を持った期間での申込みを行う様にしましょう。

このように、ビジネクストでは店頭などに来店を行わずに、融資まで行うことが可能となります。申込みを検討している方は、ビジネクストのホームページから確認してみましょう。

返済について

「ビジネクストでの、融資を検討している」という方もいると思います。ビジネクストであれば、自宅にいながらパソコンから申し込みを行うことが出来ますから、開業のためにバタバタと動いている方でも、時間を作ることなく申込みを行うことが出来ますから、とても便利ですよね。しかし、融資を受けるということは、返済が必要となります。事前に、返済についてもしっかりと確認しておいた方が良いでしょう。

では、ビジネクストの返済について、ご紹介しましょう。返済は、元利均等返済、元金一括返済があります。元利均等返済の場合には、実質年率15.00パーセントとなっています。ただし、50万円の場合には実質年率18.0パーセントとなっています。実際に、どのくらいの返済額になるかというと、50万円の融資の場合、12回払いの場合には45,900円。36回払いの場合には、18,100円。60回払いの場合には、12,700円となっています。500万円の融資の場合には、12回払いの場合451,300円。36回払いは、173,400円。60回払いは、119,000円となっています。元金一括返済の場合には、実質年率15.0パーセントとなっています。500万円の融資を受けた場合、1回目、5回目の返済額は支払利息を含め61,643円。12回目には、支払元金500万円と支払利息61,643円の支払いが行われることになります。総額にすると、支払利息は739,716円となります。

このように、ビジネクストでの融資を受けた際には、返済方法によっても、支払回数によっても、返済額が異なってきますので、無理のない返済方法を選ぶ様にしましょう。

 - 自営業融資!自営業の資金繰り