組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

ただ今リニューアル中です

自営業者の銀行借入のハードルは? ※元不明

      2019/03/21

自営業者の方は、銀行からの借入をするのはハードルが高くなっています。開業資金の調達を目的とする場合には、銀行からの融資を受けられる可能性はほとんどないと考えておいた方が良いでしょう。

 

都市銀行に関しては、大企業などの融資が前提です。地方銀行に関しても、地域の中堅企業がほとんどというのが現在の状態です。銀行からの融資というのは、それだけハードルが高いことであるというのは認識しておく必要があります。

 

それでは、自営業の方は民間の金融機関から借入をすることは出来ないのかと言うとそうではありません。

 

民間の金融機関からの融資を受けることが出来る可能性はあります。銀行からの借入ではなく、信用金庫や信用組合などを利用されると良いでしょう。

 

信用金庫や信用組合というのは、特定の地域内の個人や中小企業を融資対象としています。銀行から借入をするよりはグッとハードルが低くなっていますので、融資を受けられるかどうか相談されてみると良いです。

 

信用金庫と信用組合というのはどのような違いがあるのかと言いますと、信用金庫は広域なエリアを対象としているのに対して、信用組合は地域や行息、職域が狭いです。

 

それ以外にも、信用金庫の出資者の名称は「会員」です。信用組合の場合には「組合員」と呼びます。両者共に融資を行うのは、会員・組合員に限定されているので、融資を受ける場合には会員・組合員にならなければいけません。

 

融資を受ける為には、お互いの信頼関係を築いていくことが必要不可欠です。お金の貸し借りというのは、信頼の元で成り立つものですから信頼関係を築いていくことを意識しましょう。

 

その為に必要なのは、会員・組合員になることです。どのようにしてなることが出来るのかと疑問に思われるでしょうが非常に簡単です。会員・組合員になるためには、1万円程度の出資金を支払うだけです。普通預金の口座なども開設していき、預金をして、定期積立などを行うと効果的です。

 

これらが信用を築く上で非常に大切なポイントとなります。窓口の方とも知り合いになっておけば、話もし易くなりますので融資の相談なども気軽に出来るようになるでしょう。

 

信用金庫や信用組合からの融資を受けたいと思っても、直ぐに融資を受けられるわけではありません。もしも直ぐに資金が必要という場合には「ビジネスローン」などの利用も検討していく必要があるでしょう。

 

ビジネスローンに関しては、総量規制の適用除外という形になっていますので年収の3分の1以上の借入も可能です。最大で500万ほどの融資を受けられる可能性もありますので、出来る限り早急に必要ならビジネスローンを検討してみて下さい。

 

審査も即日に対応してくれる業者もありますが、金利などが高く設定されている可能性もありますので確認した上で利用を検討するようにしましょう。審査に関しては基本的に信用金庫や信用組合と比べると低く設定されています。審査に通過し易いというのもビジネスローンの魅力です。

 - 自営業の融資借入と資金繰り