信用組合 信用金庫 融資活用ガイド

信用組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

プロミスで融資を受ける

      2019/05/01

融資内容

「独立して、自分で仕事をはじめよう」と考えている方の中には、「融資先を探している」という方もいると思います。今では、様々な融資先がありますから、迷っている方も多いでしょう。そんな方は、プロミスでの自営者カードローンを利用してみませんか。

では、プロミスの自営者カードローンの融資内容について、ご紹介しましょう。申込み資格は、20歳以上、65歳までの自営者の方。融資利用額は、300万円までとなっており、希望額の範囲内で、プロミスが決定することになります。気になる利率は、6.3パーセントから17.8パーセント。金利適用は、単一金利方式となっています。万が一、返済が遅れてしまった場合には遅延損害金が発生することになり、実質年率20.0パーセントの支払いが課せられます。返済方法は、残高スライド元利定額返済方式を採用していますので、事前に実際の融資額の場合、月々の返済額はどの様になるのかチェックしておきましょう。返済日は、5日、15日、25日、末日の中から、利用しやすい日にち設定を行うことが出来ます。返済期間は、最長6年9カ月となっており、回数にすると80回までの返済が可能となります。これだけ、長い期間での返済が行えれば、月々の返済も無理なく行うことが出来そうですよね。ただし、プロミスの自営者カードローンの使用用途は、あくまでも事業費、生計費となっていますので注意が必要。担保や保証人は必要ありません。

申込みの際には、本人が確認出来る書類、収入が証明出来る書類、事業を証明出来る書類が必要となりますので、あらかじめ準備しておきましょう。

利用の流れ

会社を立ち上げようと考えている方の中には、プロミスの自営者カードローンの申込みを考えている方もいると思います。プロミスであれば、SMBCコンシューマーファイナンスとなっていますから、安心感もありますよね。知名度が高いということも、安心感に繋がるでしょう。

では、プロミスの自営者カードローンを利用する際には、どういった流れで手続きが行われるのか、ご紹介しましょう。まずは、利用の際には、申し込みを行うことになります。申込みの際には、自動契約機からの利用、電話での申込み、店頭窓口からの申込み、郵送などから、利用しやすい方法を選ぶことが出来ます。急いでいる方であれば、自動契約機の申込みがおすすめですよ。申込みを行った後には、審査を行っていきます。申込み書に記入された内容、提出書類により審査を行うことになります。審査結果は、ご希望の連絡先に連絡を行うことになります。審査に通れば、契約を行うことになりますが、契約の際には自動契約機か店頭窓口での手続きが必要となります。更に、50万円以内も融資希望の方であれば、パソコンや携帯、スマートフォンからの申込みも行うことが出来ます。

このように、プロミスの自営者カードローンは、それぞれの利用しやすい方法を選んで、申込み、契約を行っていくことが出来ます。50万円以下の利用を希望している方であれば、パソコンから申し込みを行うことが出来ますから、気軽に申込みも行うことが出来そうですね。

プロミスの融資の特長

自営業者の方の中には、「融資を受けたい」と考え、様々な融資先をチェックしている方もいると思います。融資先によっては、金利なども変わってきますから、返済することも考えた上で、融資先をじっくりと検討する必要があります。

では、プロミスの自営者カードローンの利用の場合には、どういった特長があるのか、ご紹介しましょう。「融資を受けたい」と考えている方の中には、急いでいる方もいると思います。「来週までには、まとまったお金を準備しなくては」という方もいるでしょう。プロミスでは、そういった急ぎの方でも利用しやすい融資先となります。審査はスピード審査となっていますから、当日の融資も可能となっています。当日融資が可能であれば、急いでいる方にとってもとても助かりますよね。また、プロミスの自営者カードローンの場合には、事業資金だけでなく、生計費としての資金としても利用可能となっています。こういった利用内容が、幅広いというのは、自営業の方にとってはありがたいですよね。更に、利用の際には全国に設置されているプロミスのATMを利用することができ、融資、返済など自由に利用することが出来ます。提携ATMも利用することが出来ますから、急な融資も気軽に行うことが出来ますよ。

このように、プロミスの自営者カードローンには、様々な特長があります。魅力的な特長がたくさんありますから、上手に活用していくことで、便利に使用することが出来ますよ。

 - 自営業融資!自営業の資金繰り