信用組合 信用金庫 融資活用ガイド

信用組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

自営業の運転資金を借りるなら銀行とノンバンクのどちらが良い?

      2019/04/30

自営業者が運転資金を借りる際、銀行とノンバンクのどちらの方が借りやすいか?そして、後々の取引において、どちらから借りておいた方が良いか?を考えてみます。

自営業主と言うことは、個人名義での借入れとなるので、事業年数が短い、営業は長いが営業期間を通じて収入が低い、などの理由がある場合は、会社員の個人と比べて信用が低く見られることが有ります。

そこで注意したいのが、多くの銀行やノンバンクからの借入れを増やさないことです。可能な限り借り入れ先は、1つの窓口に集中し状況に応じて借入れ枠の増額や金利の引き下げなどの交渉を行うようにしましょう。借入れ先の順位としては、先ず銀行というのが定石です。

借入れ先の順位としては、先ず銀行が定石

理由は、上限金利(高い方の金利)が総じて低い、取引状況に応じて金利の引き下げや借入れ枠の拡大が期待できるからです。特に、売上が安定していて、運転資金次第で状況をさらに好転できる事が確実と言うような場合は、積極的に銀行と取引を行うようにしましょう。

そして、重要なのは借りっぱなしにせずに早期返済に努め、日本政策金融公庫などから運転資金の原資を長期的視野で借入れすることなどが可能な場合は、実行次第、即時返済を行うようにして信用を付ける事にも努めましょう。特に個人事業者の場合は、家を買う時などメインバンクの存在はとても重要です。

そして、売上のアップと利益が安定的に成るなら一人でもマイクロ法人として登記を行い、法人の顧客として銀行取引を進めていけばより信頼できる顧客となるでしょう。

自営業の場合、又は、マイクロ法人の場合において、銀行というお金の管理窓口を持つことは、とても重要と認識しておいて下さい。

しかし、現在営業期間も浅く、銀行からの借入れが何らかの理由により、あまり芳しい状況でない場合は、一定期間だけの資金調達先を前提にノンバンクからの借入れも検討してみましょう。

幸い、ノンバンクも以前のサラ金・商工ローンの様な問題を持った業者は一掃されてすべて生まれ変わっていますので利用について、安心して取引することができます。

自営業者の場合、事業者用途のカードローンなどの商品を持ったノンバンクを利用して下さい。

事業者向けのローンは、一般のカードローンと異なる点として、総量規制の例外として適用される内容で審査を行ってくれるので、収入の3分の1までの制限に引っかかることは有りません。

個人事業者に向けた事業用ローンは、大手の一部ノンバンクのみ取り扱っていますので、審査申し込み前に商品の有無を確認して申し込むようにしましょう。

 - 自営業の経費 保険 資産/他コラム