組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

ただ今リニューアル中です

ネットバンクを利用するポイント

   

口座を開く前に

ネットバンクを利用する上で必需品となるものとは何でしょうか。当然ですが、パソコンは必要ですよね。しかし、もうひとつ準備しておきたいものがあります。それがプリンターです。

通常の銀行で新しい口座を開設すると通帳が発行され、お金の取引を行う度に、通帳には様々な情報が記入されていく様になっています。しかし、ネットバンクはインターネット上で全ての取引を行いますので通帳は発行されません。しかも、取引の内容が確認できる期間も決まっており、ネットバンクによって遡れる記録は異なりますが、だいたいのネットバンクは先々月くらいまでの記録しか見ることができません。それでは、お金の流れがうまくつかめないうえに家計管理という部分でも不安が残ります。その為、ネットバンクを利用する際にはプリンターが必需品となるのです。

ネットバンクの通帳代わりとして月末に1ヶ月分の入出金、残高をプリントしておくようにしましょう。こうしておく事で1年後には1年分のネットバンクの利用が把握できる事となります。やはり、銀行の取引の明細は手元に残しておいた方が良いかと思われます。自分自身が安心してネットバンクを利用する為にも大切なことだと思います。

ネットバンクの中には申し込むことによって取引明細書を郵送してくれるところもありますが、手数料がかかることがほとんどです。このようなところで手数料を払うのでは、ネットバンクを有効に利用出来ているとはいえません。ネットバンクを利用するのであればプリンターはぜひ揃えて頂きたいと思います。

ネット銀行とは

ネット銀行はネットバンクの別名称の事でよく、ネット専業銀行とも表されます。実際に店舗を構えている銀行ではなく、インターネット上での口座開設となるので店舗がないことからネット専業銀行という呼び方をします。ここで実店舗型の銀行とネット専業銀行について比較して見たいと思います。

銀行のサービスの中には公共料金やクレジットの引き落としなど決済を行うためのサービスがあります。このサービスを利用している方は多いのではないかと思います。実は、ネット専業銀行の殆どが公共料金の引き落としに対応していません。ネット専業銀行はまだまだ出来たばかりの銀行が多いのでこのような公共機関の引き落としに利用するにはまだ認められていないのです。ネット専業銀行から公共料金を支払う方法としてはクレジットカードを利用して支払う方法があります。しかし、ネット専業銀行では扱っているクレジットカードの種類が少ない為、自分が利用しているクレジットカードが引き落とし可能かどうか調べる必要があります。

実店舗型の銀行の口座は殆どが総合口座として作られています。この総合口座は普段使用している普通預金の残高が不足した際、定期預金の範囲内で自動的に貸してくれます。その後、普通預金に不足した額を入金する事で返済することができるサービスなのですが、ネット専業銀行の場合はこの総合口座というものはありません。

このようにネット専業銀行に比べ、実店舗型の銀行の方がサービスの範囲が広いのです。

ネット銀行の魅力

ネット銀行はインターネットでの取引を中心とするネットバンクの事です。このネット銀行の口座を持つ方が増加しています。その多くは実店舗の銀行よりも高い金利であることを目的に定期預金に利用しているようです。しかし、ネット銀行には金利以外にも様々な魅力があります。

魅力の一つにネットショッピングでの利用というものがあります。インターネットが普及した現代では、ネットを利用したショッピングがとても盛んに活用されています。通販限定の商品や、通販で買うことで安く購入出来たりする商品などメリットが多いのが特徴です。そのインターネットショッピングにネット銀行を利用するともっとお得になることがあります。

インターネットショッピングの大手といえばどこか思い浮かぶでしょう。現在、大手と言われているのは楽天ショッピングです。これを利用してインターネットショッピングをした事がある方は多いかと思います。楽天は楽天銀行という自分のネットバンクを所有しています。その為、楽天ショッピングで楽天銀行のカードを利用する事により様々な特典がついてくるのです。一番、便利なのはネット上で決済が行えることです。楽天カードを使用した決済ならば、即時決済となり、後日に振り込みを行う手間がありません。また、通常に買い物をするよりも楽天カードを利用する事でポイントが多くもらえることも魅力のひとつでしょう。

このようにネット銀行はそれぞれの銀行で独自のサービスを打ち出しており、金利以外にもお得なサービスがたくさんあるのです。

スマートフォン向けサービス

次世代型携帯電話としてスマートフォンが発売されてから約2年、今やその普及率は爆発的に増えました。スマートフォンの普及に伴い、銀行も対応を進めています。ここではスマートフォンを活用して行える銀行取引についてご説明したいと思います。

スマートフォン対応として銀行がまず、始めに行ったことは表示画面をスマートフォンに対応する事です。スマートフォンはパソコン用のホームページを見ることが出来るのですが、画面が小さいのでスクロールや拡大といった手間がかかります。その為、スマートフォンの画面に合わせたものを作ったのです。

また、取引できる内容としてはパソコンで行うことのできる取引の全てに対応しているわけではありません。取引できるものが限定されているのが難点ですが、自分が気になった時に携帯を利用して銀行の内容が確認できるのは便利な事だと思います。

スマートフォンで銀行取引を行う際に注意すべき点があります。それはセキュリティです。各銀行のサイトに関してはセキュリティについて力を入れています。それと同時に利用する側もセキュリティは確認しておく必要があります。スマートフォンは携帯電話であると同時に小さなパソコンです。その為、セキュリティ対策についてはパソコンと同様にしっかり行う必要があります。利用する側としては各携帯会社が奨めるセキュリティソフトをインストールしておく事が望まれます。

スマートフォンで銀行取引を利用する方法はパソコンの様に検索し、ホームページからログインする方法と専用のアプリケーションをダウロードして利用する方法があります。この方法は各銀行によって異なりますので自身が利用している銀行がどっちなのか調べる必要があります。

 - 銀行