組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

ただ今リニューアル中です

ノンバンク 事業資金

ノンバンクで融資・借入が可能な金額の例

100万円 200万円 300万円 400万円 500万円
600万円 700万円 800万円 900万円 1000万円

 

ノンバンク 事業資金

事業資金は、事業を継続するもしくは新規に始める際に元手となる資金で、
銀行をはじめとする金融機関はもちろんの事、地方自治体から制度融資を利用することができたり、
斡旋してくれる場合もあります。

もちろん事業資金は手元にあればそれに越したことはないのですが、
景気の浮揚が見られないなど不安定な要素が多くある中では手元に資金を置く事もままならず、
必要によっては金融機関などに頼るというのも当然ある事だといえます。

事業資金はそれぞれの企業でどの様に使うかは大きく異なるもので、
例えば開業資金として使う場合もあれば、設備投資の資金となる場合もあります。
ただ銀行などの金融機関の場合、融資に際しては資金を何に使うのか資金使途の確認という厳しいチェックがありますので、
その使途内容を詳細に記載した書類を提出するなどして審査が行われることになります。

あらかじめ決められている用途以外では、この審査をクリアする事ができませんので、
資金用途によっては他の調達手段を考えなければならない事態に陥る事もあるのです。

そうした時に、ノンバンクからの融資や借入というのも一つの手段となり、
ノンバンクの場合には審査がそこまで厳格な物とはなりません。

加えて担保や保証人を必要とせずに、数百万円から1千万円ほどのビジネスローンやフリーローンを利用する事ができますので、
事業資金の資金使途としては広範囲にわたり自由に活用させる事ができますので、
中小企業にとってノンバンクは非常に使い勝手が良いといえます。

商工ローン

ノンバンクの中には、中小企業、零細企業を中心に融資を行なう商工ローンという会社があります。

商工ローンの特徴は、保証人や担保が必要、高金利、高手数料でお金を融資するという点です。
しかし、商工ローンの場合、審査が緩いので融資を受けるのは、比較的簡単ですし、融資まで時間がかからないというメリットもあります。
このように大きなメリット、大きなデメリットを持っているのが、商工ローンだと思ってください。

ただ、返済のことを考えるのであれば、できる限り、銀行から融資してもらった方が良いでしょう。
金利が高いというのは、それだけ返済が大変だということを認識しておきましょう。
しかし、どうしても今日中にお金が必要、今週中にお金が必要という場合は、銀行から融資を受けるのは不可能に近いです。
そういった時は、商工ローンから融資を受けざる得ないと思われます。
もし、商工ローンから融資を受ける場合は、一時的なものと考え、最低限の金額にとどめてください。
しっかりと余裕を持って、短期間で返済できる金額に抑えることが大切です。
銀行と同じ感覚で多額の金額を融資してもらうと、後々返済が厳しくなるので、気をつけてください。
簡単にすぐに資金を調達できるという魅力だけを見てしまう方もいるので、しっかりと金利が高いということを理解してください。
そのことさえ理解していれば、商工ローンを利用したからといって、大変な目に遭うことは無いはずです。
そして、融資を受ける場合は、本当にその金利で返済できるのかをきちんと考えてください。

ビジネスローン

ビジネスローンは、できる限り銀行から利用する方が得策といって良いでしょう。

銀行からの融資であれば、それほど金利が高く無いので、返済に困ることは無いはずです。
しかし、銀行から借りることができなかった、今すぐに資金が必要だという場合は、ノンバンクを利用するのもひとつの方法です。
ノンバンクのビジネスローンは、金利が銀行よりも非常に高いので、返済が厳しくなる可能性があります。
ただ、きちんと返済できる分だけに抑えておけば、そういった状況になることはありません。
また、ノンバンクには、審査が緩くて、即日融資可能という大きなメリットがあります。

そのため、時と場合によっては、利用した方が良いケースもあるのです。
しかし、ノンバンクを利用する時は、しっかりと業者選びをしないと後から様々なトラブルに遭ってしまうので、気をつけてください。
ノンバンクを選ぶ時に重要なことは、知名度が高い大手の業者を選ぶようにしてください。
そして、あまりにも条件が良いところは、裏がある可能性があるので、あまりお勧めできません。
また、少しでも金利が安いところを選ぶために、しっかりとインターネットなどで情報収集を行ないましょう。
ノンバンクの金利は、業者によって、大きく異なるため、様々な業者と比較しないとその金利が適正なのか見極めるのが困難です。
このことを意識してノンバンク選びをすれば、安全に利用することができます。
ただ、ビジネスローンを受ける時は、本当に必要なのかどうかを考えてください。

事業者ローン

銀行やノンバンクなどで事業者ローンを行なっていますが、普通の融資とどのような違いがあるのでしょうか?

普通の融資と事業者ローンの大きな違いは、融資までのスピードです。
一般的な融資よりも、非常に手続きのスピードが早く、即日でお金を借りられることもあります。
そのため、中小企業や零細企業などに特化した融資方法だと思って良いでしょう。
ただ、同じ事業主ローンでも、銀行とノンバンクでは内容が異なります。
銀行の場合は、金利は安いですが、ノンバンクよりも融資までの期間が長いですし、返済期間も短めです。
また、提出資料も多いですし、担保が必要になる場合が多いのが特徴です。
一方、ノンバンクは、返済期間が長い、必要書類が少ない、審査が非常に早いというのが特徴です。
しかし、金利が銀行よりも10パーセント前後高いというデメリットがあります。
そのため、金利などを考えると銀行から融資を受けた方が良いといえます。

ただし、どうしてもすぐにお金が必要だという時には、ノンバンクを利用するもひとつの方法だと思ってください。
ノンバンクは金利が高いために敬遠されがちですが、短期間での返済を目標に少額の融資を受けるのであれば、特に問題が無いといえます。
ノンバンクを利用する時は、必ず返済できる金額のみを借りるようにしてください。
そのことにさえ気をつければ、非常事態に陥った時にとても便利な存在です。
ただ、銀行でもノンバンクでも安易に事業者ローンを利用するのは控えてください。

ノンバンクの不動産担保ローン

ノンバンクから資金を調達する方がいますが、なぜ銀行から調達しないのでしょうか?
銀行から資金を調達した方が、利息が安いので、返済に困ることはないはずです。
しかし、そのことを知っていながらノンバンクから融資を受ける方が多いです。
その理由として、最も多いのは恐らく、すぐに資金を調達できるからではないでしょうか。
銀行の場合、資金を融資してもらおうと思っても、すぐに借りられる訳ではありません。
書類の手続きが複雑ですし、審査も長いので、借りるまでの間に経営が厳しくなり、場合によっては力尽きてしまいます。
また、銀行から融資を受ける際は、不動産担保ローンがほとんどで、自分の不動産を担保に入れないといけません。
そして、時には融資を断られるケースも珍しくありません。
逆にノンバンクの場合は、即日に融資を受けることができますし、
審査も甘めなので、資金調達がそれほど難しくありません。

そのため、面倒な手続きをしたくない、どうしてもすぐにお金が必要という時にノンバンクを利用される方が多いです。
また、銀行から融資を断られた場合に利用する方も多く、ノンバンクは資金調達の最後の砦といって良いでしょう。
ただ、ノンバンクから資金を調達する時は、利息が高いので、短期間で返済できる金額しか借りないようにしましょう。
銀行であれば、利息が低いので多めに融資を受けても大丈夫かもしれませんが、ノンバンクの場合は利息が高いので、
多額の融資を受けた場合に返済できなくなる可能性が高いです。
このようにノンバンクには、利息が高いというデメリットがあるので、利用する際は注意してください。
そのデメリットさえ理解すれば、安全に融資を受けることができ、資金繰りを改善することも可能です。

ノンバンクの有担保ローン

事業資金を調達する方法は大きく分けて2つあり、それは銀行からの融資とノンバンクからの融資です。
では、融資を受けるのであれば、この2つのうちどちらが良いのでしょうか?
まず、銀行から融資を受ける最大のメリットは、利息が安いという点です。
利息が安いため、融資を受けても返済できる確率が非常に高く、返済によって経営が傾くということはないでしょう。

しかし、手続きが遅い、審査が非常に厳しい、有担保ローン、といったデメリットもあります。
利息が安いため、審査が通らず融資を断られることも多いですし、ほとんどの場合、
有担保ローンなので、保証人や不動産を担保に入れないといけません。
一方、ノンバンクの場合のメリットは、銀行とは逆で、融資が早く、審査が比較的緩いという点です。

また、無担保ローンで融資してくれる会社が多いので、周りに迷惑をかけることもありません。
そのため、すぐに資金を調達したい時や、銀行で融資を断られた場合などに利用される方が多いです。
ただ、ノンバンクには利息が銀行と比べて高いというデメリットがあり、何も考えずに融資を受けてしまうと後から大変な事態になります。
銀行と同じ感覚で融資を受けてしまうと、いつの間にか利息が予想以上に増え、返済が厳しくなるケースがあります。
資金繰りを安定させるために融資を受けたはずなのに、逆に圧迫させてしまう可能性があるので、注意が必要です。
しかし、「必要最低限の金額だけ借りる」ということを徹底すれば、
リスクを減らすことができるので、銀行で断られた場合に利用するのも良いでしょう。

ノンバンクの無担保ローン

ノンバンクの場合、無担保ローンを行なっているところが多く存在します。
無担保ローンとは、担保が不要なローンのことで、
経営者にとっては大変助かるローン形態です。
無担保ローンのメリットは、周りに迷惑をかけずにお金を借りられる点です。

通常、お金を借りる際は、担保や保証人が必要になり、万が一、
返済できない場合は友人や家族に迷惑をかけてしまいます。
特に事業に失敗した場合、多額の借金を背負ってしまうので、友人や家族に対する迷惑も非常に大きいです。
そういったリスクが無いのが、無担保ローンの大きなメリットだといえます。

しかし、その分、返済ができない場合は、全て自分で何とかするかしかありません。
そのことを理解した上で、ノンバンクの無担保ローンを利用するようにしてください。
そして、ノンバンクの利用は、あくまでも最終手段だと思った方が良いです。
銀行などからの融資を断られて、どうしようも無くなった場合にのみ利用するという考え方を持つようにしましょう。
なぜなら、ノンバンクを利用するというのは、それだけリスクが高いからです。
ノンバンクはすぐにお金を借りられますが、利子が銀行よりも高めに設定されています。
その為、返済能力以上の金額を借りてしまった場合、後々返済に苦しむことになります。
そして、返済が遅れるたびにどんどん金額が増えていき、返済が不可能になってしまいます。
そういった状況を防ぐためにも、ノンバンクの利用方法には十分気をつけてください。

ノンバンクで受ける審査

銀行から融資を受ける場合とノンバンクから融資を受ける場合では、どのような違いがあるのでしょうか?
資金調達をする場合は、このことをきちんと理解してから融資を受けるようにしてください。
銀行とノンバンクの一番の違いは、審査の難しさだといって良いでしょう。
銀行の場合は、資金が顧客から預かっているお金なので、融資をするのに非常に慎重です。
その為、審査で断られる場合もありますし、審査が通っても融資してもらえるまで時間がかかります。

一方、ノンバンクの場合は、審査が銀行よりも甘めに設定されているので、基本的に断られることはありません。
そして、ほとんどの場合、即日に融資を受けることができるので、切羽詰った状態の時にとても助かります。
なぜ、ノンバンクは銀行よりも審査が甘いのかというと、銀行とは異なり、
預金サービスがなく、融資をした利息によって、運営をしているからです。
だからこそ、経営を続けていくためには、積極的に融資をしないといけないのです。

また、みなさんもご存知だと思いますが、ノンバンクは銀行よりも利息が高く設定されています。
利息が高い理由も、先ほど説明した運営システムの違いによるものだと思ってください。
まとめると、銀行は低い利息で融資を受けることできる反面、審査が難しい、
ノンバンクは利息が高い反面、審査が簡単ということになります。
どちらを選ぶのかは、その時の状況によって変わると思いますが、
どちらにしろ安易な考えでノンバンクを利用するのは危険なので、注意しましょう。

零細企業向けのノンバンク

零細企業だと時には銀行から融資を受けることができない場合もあるでしょう。
そこで、みなさんが次に考えるのがノンバンクではないでしょうか?
ノンバンクは、非常に便利な存在ですが、利用方法を間違えると経営に圧迫したり、時には破産を招く可能性もあるので、気をつけてください。
ノンバンクで失敗する最も多い理由は、必要以上の金額を銀行と同じような雰囲気で借りることです。
必要以上の金額や返済能力以上の金額を借りるのは、非常に危険な行為なので、止めてください。
銀行であれば金利が低いので、もしかすると何とかなるかもしれませんが、ノンバンクの場合は何とかなりません。
最初は返済できても、どんどん返済が厳しくなり、最終的には返済ができなくなる可能性があります。
そのため、ノンバンクを利用する時は、必ず短期間で返済できる必要最低限の金額に抑えることが大切です。
これを守らないと必ずといっていいほど、返済が難しくなり、経営を圧迫させてしまいます。
しかし、このことさせ守れば、ノンバンクは非常に役立つ金融機関ともいえます。
ノンバンクには、すぐに融資を受けることができ、審査が比較的緩いというメリットがあるので、急ぎで資金を調達をしたい時に最適です。
また、銀行での融資が上手くいかなった場合に利用するのも良いかもしれません。
ノンバンクを上手く使いこなせば、経営状態を改善できる可能性も十分あるので、全ては使い方次第だと思って良いでしょう。

 

中小企業向けのノンバンク

中小企業の経営者にとって、ノンバンクは非常に強い味方といって良いでしょう。
なぜなら、ノンバンクには、中小企業にとって、3つのメリットがあるからです。
まず、一つ目は借りたい時にすぐにお金を借りることができる点です。
会社を経営していると資金繰りが苦しくなり、すぐにある程度の資金が必要になるケースがあります。
そういった状況に陥った時に銀行から融資を受けようとしても、
時間がかかってしまい、予定の期日までに間に合わない可能性があります。

しかし、ノンバンクであれば、即日に融資を受けることが可能なので、最悪の事態を回避することができます。
そして、二つ目のメリットは、審査が銀行よりも簡単で、高確率で融資を受けられる点です。
銀行の場合だと審査が厳しいので、時には融資を受けられないケースもありますが、
ノンバンクの場合は審査が緩めなので、何か問題が無い限り、融資を受けることができます。
そのため、銀行では駄目だったが、ノンバンクでは大丈夫だったという場合も非常に多いです。
三つ目のメリットは、無担保で融資を受けることができ、友人や家族などに迷惑をかけることがない点です。
通常、お金を借りる時には何かしらを担保に入れないといけませんが、
ノンバンクの場合は無担保で借りられるところが多いです。
しかし、ノンバンクには、このようなメリットがある一方で、金利が高いというデメリットがあるので、
利用する際は注意が必要です。
そのため、安易に利用するのではなく、あくまでも銀行で融資を断られた時など非常事態時に利用するのが良いでしょう。

ノンバンク融資の上手な活用方法(低い利率)

ノンバンク融資とは、預金・為替業務を行わない金融業者からの融資を指します。ノンバンク融資のイメージというと、『手軽に融資を受けられる』『利率が高い』といったものが挙げられるかと思います。基本的にはイメージ通りで、事業資金を融資によって賄う場合は公的融資や銀行系の融資を受けることが最善策です。しかし、公的融資や銀行系の融資を受けるには、様々な書類の用意や審査に日数が掛かるといった特徴があります。

状況によっては、審査や手続きに時間・手間のかかる公的融資・銀行系融資では、資金繰りに間に合わないということも十分にあり得ます。融資後に返済の見通しが立てられる場合、ノンバンク融資を活用するのも一つの手段でしょう。今月は資金回収に遅れが出ていて取引先への支払いが間に合わない、という場合であれば、後程回収できる資金で返済することが出来ます。返済が1週間や1ヶ月以内ならば何度借りても利息不要、というように利率を低く抑えられるサービスもありますので、計画的に賢く活用することが可能です。

ノンバンク融資を受ける上で、基本的に欠かせないのが利率の低い業者選びです。特に情報収集をせずに、うっかり利率の高いノンバンクで借り入れをしてしまった場合、後々の資金運用計画に支障をきたす恐れもあります。今では、銀行系とそれほど変わらない低い利率で事業融資をするノンバンクもありますので、しっかりと情報収集し、上手にノンバンク融資を活用しましょう。

ノンバンクで(事業資金を)借りる

ノンバンクで借りる時は、しっかりと返済計画を立てることが大切です。
もちろん、銀行で借りる時も返済計画を立てるのは当たり前ですが、
ノンバンクの場合は利子が高い分、その返済計画に忠実に従わないといけません。

そして、できる限り、早めに返済することがノンバンクで借りる時の鉄則だといって良いでしょう。
まず、ノンバンクで借りる時には、必要以上の金額を借りないことが大切です。
必要以上の金額を借りてしまうと、返済が苦しくなる可能性が高いので、最低限の金額にとどめてください。
しかし、悪徳業者の場合、強引に必要以上の金額を融資しようとしてくるので、気をつけましょう。
優良業者の場合は、必要以上の金額の融資は勧めてこないので、覚えておいてください。

また、ノンバンクで借りる時は、利子がどのくらいなのかを、きちんと確認しましょう。
なかなか資金調達が上手く行かないと気持ちが焦ってしまい、利子を確認せずに借りてしまうことがあります。運転資金借入 400万円
そうすると後々、返済が難しくなり、更なる経営の悪化に繋がってしまいます。
その為、ノンバンクからお金を借りようと思っている人は、落ち着いて利子と条件を確認してください。
そして、ノンバンクは基本的に審査は緩めですが、審査が異常に優しいところは危険な業者といって良いでしょう。
きちんと審査をしてくれる業者の方が、安心してお金を借りることができると思ってください。
ノンバンクを利用する時は、こういったことに注意しないとトラブルになってしまいます。

ノンバンクで事業資金

事業資金の調達方法の一つとして、ノンバンクからの融資という選択があります。
ノンバンクは、銀行からの融資が厳しい場合に利用されることが多いですが、そもそもノンバンクとは一体何なのでしょうか?
ノンバンクとは、融資専門の金融機関のことで、銀行とは異なり、お金を預ける仕組みが無いのが特徴です。
では、ノンバンクには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?
まず、ノンバンクを利用する最大のメリットは、審査が簡単で、融資を気軽に受けることができる点です。
そのため、銀行から融資を受けることができない場合や、すぐにお金が必要な時に非常に役立ちます。
しかも、ノンバンクであれば、銀行とは違い、その日に融資を受けることもできます。
こうしてみるとノンバンクは事業資金を調達するのに非常に優れた金融機関に思えますが、逆にデメリットもあります。
ノンバンクのデメリットは、銀行よりも非常に金利が高い点です。
そのため、簡単に融資を受けられる、すぐにお金を用意できる、という安易な考えだけで、利用してしまうと非常に危険です。
金利が高いため、返済計画をしっかりと考えないと後々、自分の首を絞めることになります。
ノンバンクを利用する場合は、金利の確認をしっかりと行い、本当に返済が可能なのかを真剣に考えて判断してください。
ノンバンクは、利用の仕方によっては事業資金調達に非常に便利ですが、誤った利用をすると身を滅ぼすので注意しましょう。

ノンバンクから借り入れる際の注意点

現在は中小企業が銀行や公的機関から融資を受ける際、そのハードルはかなり高くなっています。しかし、銀行が融資をしてくれないからと言って、黙って指をくわえている訳には行きませんよね。なんとかして資金を調達しなければ、会社は倒産してしまいます。そうした時に、銀行よりも低いハードルで融資を行ってくれるのが、ノンバンクです。

ノンバンクは仮に銀行などからの融資を断られた企業が融資を求めてきたとしても、断るとは限りません。もちろん審査はありますが、銀行などの審査と比べると緩い審査基準ですし、しかも融資を受けられるようになるまでがスピーディーなのがノンバンクの特徴です。では、なぜ銀行などの融資は審査が厳しく、時間がかかってしまうのでしょうか。それは、預金者から集めたお金を融資する資金として利用するからです。もし、その融資した貸付に焦げ付きが発生し、回収不可能となってしまった場合に、預金者に払い戻しができなくなる危険性があるからですね。そういった事態が起きないようにと、銀行などは金融庁から審査基準を厳しくするよう指示されていますし、時間がかかってしまうんです。運転資金借入 600万円

それは銀行を利用するものとして国民全員が理解できる理由ではありますが、中小企業にはそうも言ってられない事態というものが存在します。そこでノンバンクが出てくる訳です。ノンバンクは銀行よりも緩い審査で、早く融資をしてくれるけど、金利は銀行よりも高い。この事実をしっかりと把握した上で利用すれば、ノンバンクは決して危険なものでもなんでもありません、逆に便利な存在と言えるのではないでしょうか。

ノンバンクでの借り入れ

銀行で借り入れを行なうのとノンバンクで借り入れを行なうのでは、どう違うのでしょうか?
まず、銀行で借り入れを行なう場合のメリットは、金利が安いことです。
金利が安いので、返済が困難になることが少なく、ゆっくりと返済をすることができます。
デメリットは、手続きに時間がかかる点と審査の厳しさです。
手続きに時間がかかるため、予定の期日までに借り入れをできない場合がありますし、場合によっては審査が通らないケースもあります。
このような点が銀行で借り入れを行なうメリットとデメリットです。
一方、ノンバンクのメリットは、審査が比較的緩く、資金が必要な時にすぐに借り入れができる点です。
そのため、急に資金が必要になった時やすぐに事業を始めたい時に利用する方が多いです。
そして、ノンバンクのデメリットは、金利が銀行と比べて非常に高く、場合によっては返済が厳しくなる点です。
このような点がノンバンクのメリットとデメリットだといえます。
では、どうして銀行とノンバンクでは、金利が違うのでしょうか?
それは、銀行とノンバンクの資金調達方法の違いに隠されています。
銀行は主に私たちの預金をもとに融資を行なっていますが、ノンバンクは銀行から融資する資金を調達しています。
そのため、どうしてもノンバンクは銀行よりも金利が高くなってしまうのです。
ノンバンクを利用される時は、金利が高いので、計画的に借り入れを行なうようにすることが大切です。

公開日: