組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

ただ今リニューアル中です

*

信用組合や信用金庫の資金融資/自営業が開店資金や運転資金を借りる

日本協同組合学会のホームページはこちらに移行しています。

協同組合とは?

協同組合は、個人あるいは事業者などが共通する目的のために自主的に集まり、その事業の利用を中心としながら、民主的な運営や管理を行なう営利を目的としない組織です。

引用:協同組合入門 協同組合とは? より

 

信用組合とは? 信用金庫との違い

信用組合は、信用金庫と同じ協同組織の金融機関ですが、根拠法や会員(組合員)資格が異なります。また、預金の受入れについても、信用組合は原則として組合員が対象ですが、信用金庫は制限がないなど業務の範囲も異なります。

信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、主 な取引先は中小企業や個人です。利益第一主義ではなく、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。さらに、営業地域は一定の地域に限定されており、お預 かりした資金はその地域の発展に生かされている点も銀行と大きく異なります。

引用:「信用金庫」と「信用組合」「銀行」の主な相違点比較表 より

 

 

銀行の種類

信用金庫

信用金庫は銀行と違うのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、機能としてはあまり差がないのが信用金庫です。ただし。信用金庫は信用金庫法という法律によって設立された法人であり、厳密に言えば銀行ではありません。

信用金庫は地域密着という意味では一番重要な銀行です。信用金庫の役割はその信用金庫がある地域の中小企業や個人に対して融資を行うことです。それぞれの信用金庫がある地域で集めた資金はその地域の中小企業や個人の還元の為に利用されます。その為、信用金庫の地域外に住む個人や中小企業には基本的にはサービスを行いません。

信用金庫の最大の特徴は地域に根差した銀行であることです。金額が大きな融資や借り入れについては都市銀行や地方銀行には劣るものがあります。また、大企業など全国的に発展している企業に対してはあまりその効果を発揮する事はありません。しかし、その地域にある中小企業に対しての融資は都市銀行や地方銀行に比べ、有効なサービス内容が多いことから、地元の銀行としてのイメージが強いことも特徴です。

また、個人に対しての融資も行っています。信用金庫のもうひとつの特徴としては、規模が小さい分、相談などに親身になって乗ってくれることです。都市銀行や地方銀行に比べるとATMの数や店舗数は少ないのが信用金庫です。しかし、その規模が小さいことを利用して、その地域の企業や個人に対して親身になって相談に乗る事が出来るのです。信用金庫は非常に地域性の高い銀行として私達の生活にも身近な存在といえるのではないでしょうか。

都市銀行(メガバンク)

銀行と一言で言っても多くの種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。それぞれの特徴などを理解する事によって銀行の活用方法がわかるのではないでしょうか。

まず、都市銀行についてご説明します。都市銀行は全国規模で銀行サービスを行っている銀行です。定義によると大都市に本店を構え、全国的に展開をしているものとされています。しかし、大都市と都市の違いについてなど一部、曖昧な部分もあるようです。都市銀行の代表格として挙げられるのはいわゆるメガバンクとして有名な銀行です。例えば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などです。

都市銀行の特徴は全国で銀行のサービスが利用出来ることです。また、大きな都市であれば必ずと言っていいほど支店がありますので外出時にも便利だと思われます。また、銀行としての規模が大きいので高い金融サービスや国際的な取引などが利用しやすくなっている事も特徴として挙げられます。しかし、全国的にサービスを展開しているが故にその機能を維持するため、他の銀行に比べると手数料が高めになっています。また、東京などの大都市を除き、地方ごとに見るとそれぞれの地域に根付いている地方銀行などの地元の金融機関の方が、店舗数やATMの数が多かったりもします。

都市銀行と地方銀行の違いを考えてみると、サービスの質については大きな差はないと言われています。違いといえばやはり、営業地域の大きさです。それを考えると、あまり地元から出ない方は地方銀行が便利で、出張などで全国を転々としたり、首都近郊の方の場合は都市銀行が便利かもしれませんね。

地方銀行

地方銀行と呼ばれる銀行をご存知ですか。地方銀行はそれぞれの地域に拠点をもつ銀行のことです。地方銀行の多くはその地域の名前を使っている場合が多いようです。例を挙げると、神奈川県なら横浜銀行、福岡ならば福岡銀行といったところです。

このような銀行の特徴としては地域に密着したサービスが多いことです。その為、その銀行の地域に行くと都市銀行に比べ、支店やATMの数が多いようです。地元の人の多くが利用するのが地方銀行の特徴といえます。また、その地域に住んでいる方に高い利便性を持っているのが地方銀行の最大のメリットでしょう。

地方銀行は地方銀行と第2地方銀行に分類されます。この2つに大きな違いはありません。定義としては全国地方銀行協会に加盟している銀行は地方銀行とされ、第2地方銀行は第二地方銀行協会の会員であるとされています。

デメリットとしては大きな融資や取引に対応しきれない事があることです。このような場合ですと、都市銀行のネットワークを利用せざるを得ない状況にあります。また、最近はインターネットの普及につれ、ネット上での決済を行う機会も多くなりました。地方銀行もこのようなインターネット上での決済に対しては対応していますが、都市銀行やネットバンクに比べ、サービス内容に大きく差が出ているのが現状です。ネット上での決済が多い方には地方銀行はあまりお勧めできないといえるでしょう。つまり、地方銀行と都市銀行はその目的によって使い分けをして利用するのが便利な銀行の活用方法といえます。

信託銀行

信託銀行は普段、私達の生活にはあまり馴染みのない銀行かも知れません。この銀行では信託業務を中心に行っており、企業、法人や富裕層に向けたサービス、また、土地などの活用に対して優れたサービスが用意されています。

そもそも、信託銀行の主な業務である信託とはどのようなものなのでしょうか。信託は書いた字の通り、信じて託すといった意味を持ちます。自分自身の財産を他人名義に託すということです。信託銀行では、他人の名義で預かった財産を自分の名前、つまり信託銀行の名義で運用する機能をもっています。このサービスはよく証券会社によって利用されており、顧客から預かった資産を信託銀行に預けています。これは、証券会社自身の財産と顧客から預かった資産をはっきりと分離しておく事が目的です。また、上場企業の株の管理も信託銀行の業務のひとつとなっています。

このように法人や企業に向けてのサービスが多い信託銀行ですが、個人に向けたサービスも用意されています。例えば、銀行預金と同じ内容の金銭信託や定期預金と同様に扱われる貸付信託があります。また、土地を持っている資産家の為の土地信託や遺産分割に対して有効な遺産分割といったサービスも用意されています。このあたりのサービスはどちらかというと富裕層に対してのサービスとしての役割が大きいような気がします。

信託銀行は他の銀行とは少し異なったサービス内容となっている分、通常の銀行としての機能はあまり期待できません。このような機能は都市銀行などの方が優れているといえます。

外国銀行

外国銀行という名前を聞くと外国にある銀行ではないかと考える方もいらっしゃるでしょう。外国銀行とは外国に銀行の本店があり、支店が日本にもある銀行の事であると定義されています。在日法人としての銀行として登録してある銀行は外国銀行には含まれません。このような銀行の例を挙げるとシティバンク銀行がこの在日法人の銀行に当てはまります。外国銀行は私達の生活にはあまり関係の内容に思えます。では、利用にあたってどのようなメリットがあるのでしょう。例えば、よくその銀行のある国へ出かけたり、長期滞在の予定をするような方にとって外国銀行に口座を持っているとその国でのお金の使用が便利になります。また、海外で大金を持ち歩くことに不安を持つ方は多いと思います。海外の国によって日本人はお金を持っていると思われがちなのでスリや盗難の被害に合う事も少なくありません。これが、普段生活している国や長期滞在中でしたらどうでしょう。海外で生活あるいは長期に滞在する場合、外国銀行の口座を持っていればこのような心配をする必要はありません。旅行や滞在、生活を安全にするために海外銀行はとても役に立つ銀行だといえるでしょう。

海外銀行を利用するにあたって注意するべき点があります。それは預金保護制度から外れてしまうことです。日本にある銀行のほとんどはこの預金保護制度の対象となっている為、万が一、銀行が倒産しても預金については保護されます。しかし、外国銀行は保護の対象外となるので銀行が倒産したら預金は保護されません。この他にも日本の銀行とは仕組みが異なる部分があるので外国銀行の利用の場合にはあらかじめ調べておく必要があります。

 

事業資金借入<至急>法人融資と個人借入に事業者ローン@今年最新

 

ノンバンク

■ビジネクストについて

ビジネクストはビジネスローンや資金調達、事業資金などを融資する会社です。

開業,開店,資金,ビジネスクト,オーナーズセレクトカード

多様なシーンに対応することができ、実績も多くある信頼できる会社ですので、開業をしようと思っている人にとって大きな力になるはずです。

■事業資金の調達手段として利用できる

中小企業の経営を行うに当たって事業資金の調達はとても重要な問題です。 最近では、経営の厳しさや、先行きの見えない経済状況などから金融機関が貸し渋りをする場合が増えてきています。 そのため、事業資金の調達ができない場合も多いようです。 そこで、ビジネクストは中小企業をターゲットに積極的に融資を行っています。 もちろん、個人事業主でも手軽に利用することができるため、調達手段のひとつとして多くの人が利用しています。

●融資額と利息= 他の、ローンなどと比べてみると、融資額を50万円から1000万円と幅広い融資額が用意されているため、どのような使い方でも利用しやすいというのも特徴の一つだといえるでしょう。 また、利息が ・8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上) ・13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満) と無理のない設定になっているのも魅力の一つです。

●担保と保証人は原則不要= ビジネクストは担保と保証人が原則不要で利用することができます。 ただし、法人に関しては保証人として代表者が連帯責任を負い必要があります。 個人事業主にとって担保が必要ないというのはかなり嬉しいポイントだといいます。

●返済方式= ビジネクストの返済方式は元利均等返済方式で最長5年60回以内、元金一括返済方式では最長1年12回以内となっています。

●審査= 事業資金の調達を行う際、一番の問題になるのか審査です。 なかなか審査が通りにくく資金繰りができないというケースも少なくなく、決算時に思うような資金が調達できないために経営危機に陥ってしまうことも珍しくありません。 ビジネスを目的とした融資を受ける場合は、何度か繰り返して利用することも考えなくてはならないため、安定して利用できる金融機関を探す必要があります。 つまり、できるだけ審査の緩い金融機関を選ぶことが重要だといいます。 ビジネクストは、比較的審査のハードルが低めで、多くの人が利用しやすい形を採用しています。

開業,開店,資金,ビジネスクト,オーナーズセレクトカード

零細企業や、個人事業主など多くの人がビジネクストで融資を受けていることを考えると、審査がかなり緩めに設定されており、利用しやすいローンなのは間違いありません。

■シンキ・オーナーズセレクトカードについて

シンキ・オーナーズセレクトカードとは…

開業,開店,資金,ビジネスクト,オーナーズセレクトカード

新生銀行グループの一つであるシンキが提供している事業者向けのローンです。 事業者向けのローンの中では珍しく、担保や保証人が必要なく最大300万円までの融資を受けることができます。 利息は13.0%となっていますが、担保や保証人が必要ないので、多くの企業や個人事業主が利用しやすいと人気を集めている事業者ローンです。

●用途に限定無し= シンキ・オーナーズセレクトカードは、借り入れした資金の用途は限定されません。 そのため、ビジネスに利用するのもいいですし、プライベートとして利用することもできます。

●リアルタイム取引= 入会金や手数料、年会費などは一切かからず、24時間インターネットを通じて融資を受けたり返済を行うことができる「リアルタイム取引」を導入しています。 そのため、申し込みをしたその日のうちに融資を受けることもできます。

●お得なポイントが貯まる= 取引を行うことによってポイントがたまっていくポイントサービスも導入。 これによってたまったポイントはマイレージに交換したり、ギフト券に交換したりと、様々な特典を受けることができるようになります。 シンキ・オーナーズセレクトカードを利用する人のほとんどは、担保や保証人を用意できないが早い融資を受けたいという人がほとんど。 これから開業して行こうと思っている人や、資金を調達したいと考えている人にとってとても利用しやすい事業向けローンです。

●融資額と利息= シンキ・オーナーズセレクトカードの融資額は1万円から300万円と幅広く設定されています。 そのため、個人事業主や中小企業でも利用しやすい額になっており、また個人でも利用しやすいといえます。 金利は、13.0%(実質年率)となっています。

●返済= シンキ・オーナーズセレクトカードの返済方法は借入金額スライドリボルビング方式となっています。 借入の期間は最終借り入れから最長で3年6ヶ月、回数は1回から42回に分けて返済することができます。

●担保や連帯保証人は不要= 個人事業主や中小企業で問題になりがちなのが担保や連帯保証人の存在です。 シンキ・オーナーズセレクトカードなら、担保や連帯保証人が不要でも融資を受けることができるため、利用しやすいといえるでしょう。

●審査= 中小企業にて、審査のハードルの高さというのはとても重要な問題です。 先行きが不透明な現代だからこそ、利用しやすい事業者向けローンを選びたいところ。

開業,開店,資金,ビジネスクト,オーナーズセレクトカード

シンキ・オーナーズセレクトカードは、即日融資を売りにしているだけあって、審査は比較的易しく設定されています。

公開日:
最終更新日:2016/08/13